福祉貢献活動

物資の寄付

日本証券業協会主催「こどもサポート証券ネット」に開始当初から参加しています。
証券会社が株主として受け取る株主優待品などを、マッチングしたNPO法人に寄付する仕組みです。
支援実績等についてはこちらをご覧ください。実績の詳細は5ページ目(表紙除く)に掲載されています。

  • 2021年4月 支援物資と管理担当者

  • 支援物資(一部)

埼玉県主催「県庁版!トリプルドライブ」に参加しました。
社員が家庭にある物品を持ち寄って埼玉県庁に譲渡し、県庁からNPO法人等に寄付されました。
「こども応援ネットワーク埼玉」Facebookページの2021年4月の投稿に当社の写真が使用されています。

  • 2021年3月 支援物資と提供者(一部)

  • 2021年3月 埼玉県庁で支援物資を受渡

古本の換金による募金

日本証券業協会主催「こどものみらい古本募金」に開始当初から参加しています。
社員や周辺住民の方が持ち寄った書籍等を買取相当額に変えて寄付する仕組みです。
当社の全ての店舗に回収ボックスを設置しています。

  • 設置例(本店営業部)

  • 設置例(市川支店)

福祉巡回車両寄贈

埼玉県内の社会福祉協議会に福祉巡回車両を寄贈しています。

寄贈先

  • 2010年 9月
    北本市社会福祉協議会・東松山市社会福祉協議会
  • 2011年 12月
    埼玉県社会福祉協議会
  • 2014年 1月
    熊谷市社会福祉協議会
  • 2014年 12月
    埼玉県社会福祉協議会・さいたま市社会福祉協議会・志木市社会福祉協議会
    ・宮代町社会福祉協議会・小鹿野町社会福祉協議会
  • 2015年 9月
    加須市社会福祉協議会・坂戸市社会福祉協議会
  • 2017年 3月
    越谷市社会福祉協議会
  • 2018年 2月
    飯能市社会福祉協議会
  • 2019年 3月
    本庄市社会福祉協議会
  • 2020年 3月
    上尾市社会福祉協議会
  • 2021年 3月
    杉戸町社会福祉協議会
  • 左:杉戸町社会福祉協議会会長 古谷氏
    右:当社社長 野村
    (2021年3月5日 杉戸町役場 町長室にて)

  • 左:杉戸町社会福祉協議会会長 古谷氏
    右:当社社長 野村
    (2021年3月5日 福祉巡回車両の前にて)

> その他の福祉巡回車両の画像はこちら

> ページトップへ

福祉作業所制作物の贈答品利用

取引先等への贈答用の菓子折り(焼き菓子詰合せ)の製作を埼玉福祉事業協会の多機能型支援施設「あかしあの森」に委託し、障がい者の就労継続を支援しています。菓子折りに掛ける熨斗は同協会の障がい者支援施設「杉の子学園」が製作する手漉き紙を使用しており、紙の原料は当社社員が回収した牛乳パックを利用しています。また、2019年の当社100周年の際には記念のプリントクッキーを当社でデザインし、同協会で製作する等のコラボレーションも行っており、双方にとって意義のある活動となっています。

  • 2020年8月
    障害者就労支援応援企業として埼玉県より感謝状を授与されました
    • 左;当社社長 野村
      右;埼玉県福祉部長 山﨑氏
      (2020年8月24日 さいたま共済会館で行われた感謝状贈呈式にて)

    • 感謝状

> ページトップへ

高齢者等支援ネットワークへの参画

  • 中央;青梅市長 浜中氏  右;当社飯能支店長兼青梅プラザ所長 江浦(2018年11月22日 青梅市役所で行われた事業協定締結式にて)

    中央;青梅市長 浜中氏  右;当社飯能支店長兼青梅プラザ所長 江浦
    (2018年11月22日 青梅市役所で行われた事業協定締結式にて)

> ページトップへ

ワクチン募金活動(ペットボトルキャップリサイクル)

社内の使用済みペットボトルキャップを回収してNPOに送るワクチン募金活動に2011年11月より参加しています。

  • 2018年5月回収分
    11,610個(27.0kg)→約13.5人分のポリオワクチンを寄付 実績レポート
  • 2019年6月回収分
    12,470個(29.0kg)→約14.5人分のポリオワクチンを寄付 実績レポート
  • 2020年1月回収分
    12,900個(30.0kg)→約15人分のポリオワクチンを寄付 実績レポート
  • 2020年6月回収分
    10,320個(24.0kg)→様々な社会貢献活動 実績レポート

> ページトップへ

支援金(寄付金)

2010年のハイチ地震、2011年の東日本大震災の際、復興支援のために寄付しました。

  • 2010年8月
    当社合併記念で2010年6月に販売したブラジル・レアル債の販売収益の一部をハイチ地震緊急・復興支援基金として日本ユニセフ協会に寄付
    • 左:当社社長(当時) 小髙
      右:日本ユニセフ協会 早水専務理事
      (2010年8月6日 日本ユニセフ協会にて)寄付金進呈

    • 早水専務理事から感謝状の贈呈

    • 日本ユニセフ協会の感謝状

  • 2011年4月
    東日本大震災の義援金を組合より日本赤十字社に寄付
  • 2011年9月
    東日本大震災の義援金を日本赤十字社に寄付

> ページトップへ