むさし証券ブランドステートメント-お客さま本位の業務運営の実現に向けた取組方針-

お客さま本位の業務運営の実現に向けた取組方針

 当社は、お客さま本位の業務運営を実現するために取組方針を策定し、全役職員が取組方針に基づくアクションプランを実行してまいります。アクションプランは原則、毎年、自己評価を行い、その達成状況を公表し、改善の取組みを継続して行ってまいります。

1.お客さまの最善の利益の追求

  • ・当社は「倫理コード」を定め、お客さまの利益を重視した行動を遵守し、市場参加者ならびにお客さまからの受任者として公正公平な立場で当社の役割を果たします。
  • ・当社の経営理念「【S・K・Y】澄み切った大空のごとく」の中で、「我々はお客さま第一主義を徹底する」とともに、「高度な専門知識に基づく誠心・誠意のサービス提供という信頼の種を蒔き続ける」と定めています。
    地域に根差し、お客さま本位の業務運営を第一とする姿勢、精神を保持し、お客さまに真に必要とされ、選ばれる証券会社を目指し、経営陣は常に社員に対しメッセージを発信し続けます。

2.利益相反の適切な管理

  • ・当社は「利益相反管理方針」を定め、お客さまの利益が不当に損なわれるおそれのある取引を特定して分類し、管理方法・管理体制を明確化したうえで、お客さまの利益が不当に損なわれることのないように対象取引を管理・規制します。
  • ・お客さまへの金融商品・サービスの提案に際し、利益相反が起こりうる場合には適切に管理している旨を説明します。
  • ・なお、当社は特定の企業グループ・企業に属しておらず、特定の企業の商品サービスに捉われることなく、独自の評価・判断で当社が取扱う商品サービスの選定を行います。

3.手数料等の明確化

  • ・当社は、商品またはサービスによって定めた手数料等をお客さまにご負担いただいております。また保険や信託契約代理店業務等においては、商品提供会社より代理店手数料や報酬を受取っています。 (以下、手数料等といいます。)
  • ・お客さまからいただく手数料等は、当社が負担する諸費用やサービスの提供に伴う人件費等を勘案して決定しています。主な手数料等の対価となる諸費用やサービスは、以下のとおりです。
    1. ① お客さまのお取引・残高管理を行うシステムの開発・維持管理費用
    2. ② 営業担当者による販売商品の内容・リスク説明、投資環境等の解説、お客さまが保有される商品のアフター・フォロー、資産運用や相続・贈与等に関するコンサルティングなどの役務費用
    3. ③ お客さまに提供する様々な情報の収集を目的として情報提供サービス会社に支払う情報料
    4. ④ お客さまに提供する情報資料や各種商品に関する参考資料、報告書の作成・送付等に係る事務費用
    5. ⑤ お客さまへの情報・サービスの提供に資する社員教育費用
    6. ⑥ 各金融商品取引所に支払う取引参加費用
    7. ⑦ 海外の保管銀行に支払う決済および保管費用、銀行に支払う為替決済費用
  • ・お客さまにご負担いただく手数料等については、お客さまのご理解を得られるよう、できる限り分かりやすく説明するよう努めます。当社が受領する手数料は、有価証券取引等の料金表・外国株式投資のご案内・投資信託手数料一覧表・概要明示用資料等、または当社ホームページをご覧ください。
  • ・当社の主要事業領域である日本株市場のお取引において、対面取引は情報・フォローにおける高付加価値サービスを、インターネット取引は業界最安値水準の手数料によるローコスト取引をご提供し、お客さまのニーズに合わせて選択いただき、ご負担いただく費用に納得いただけるようサービスの向上に努めます。

4.重要な情報の分かりやすい提供

  • ・当社は「投資勧誘方針」を定め、商品をお勧めするに当たっては、お客さまの知識、経験等に照らし、商品の内容やリスク等について適切な説明を行います。
    お客さまに説明する重要事項については、各商品の基本的な利益と損失、その他のリスク、取引条件等、お客さまの投資判断に必要な情報を提供します。
  • ・お取引の経験や金融知識、財産の状況等に加えて金融商品・サービスの複雑さやリスクの度合いを総合的に勘案し、お客さまの理解度と商品性に応じて、明確・平易で誤解を招くことのないよう誠実な情報提供に努めます。
  • ・当社は、お客さまの投資判断に必要かつ重要な情報については、より分かりやすくご説明するよう努め、資料やホームページ等についても、工夫・改善します。

5.お客さまにふさわしいサービスの提供

  • ・当社は、お客さまとの対話を大切にし、お伺いした、お客さまの考え、ニーズ、さらに資産内容、運用経験、運用状況や家族構成、ライフプラン等に関する情報により、お客さまの意向や環境に即した商品サービスの提供に努めます。
    従いまして、リスクの度合いや商品内容の複雑さなど商品の特性がお客さまにとってふさわしいものであるかどうか慎重に検討し、当社からの提案を控えさせていただく場合があります。
  • ・お客さまへの提案に際し、特に複雑な商品やリスクの高い商品について、 資料等を用いて、できる限り分かりやすい説明を行い、お客さまのご理解が深まるように努めます。商品サービスのご利用後も、継続して状況報告・アフターフォローを行い、必要に応じて見直しの提案も行います。
    常にお客さまの意向に沿う投資・運用環境の提供に努めます。
  • ・また、当社では株式や為替相場の環境や見通し、政治・経済の解説、お客さまからのご要望が多い相続・贈与等、様々な題材をテーマにしたセミナーや勉強会を開催し、お客さまの金融リテラシーの向上を目指した取組みを推進します。

6.お客さま本位の業務運営の実現に向けた取組方針の定着並びに社内体制の高度化

  1. (1) 社員への周知、徹底
    1. ① 当社は役職員が業務を遂行するうえで基本的な心構えとして「倫理コード」を定め、倫理コードに基づく行動の遵守を宣言しています。役職員が日々自己の行動・判断等について原点・原則に返って見つめ直すよう、「経営理念」「行動指針」と合わせて、『むさし証券』がお客さまにお約束することを纏めた「コンプライアンス・カード」として携帯させ、周知徹底に努めています。
    2. ② お客さま本位の業務運営に関する原則につきましては、職場に掲出することを義務付け、社員が日々確認できるよう職場環境の整備を行い、周知の強化を図ります。
  2. (2) お客さまの声による業務改善の推進

    当社では、お客さまの声を積極的に収集し、情報を分析・共有化することで業務運営の改善に努めます。

  3. (3) 自己チェック制度の拡充

    原則毎年、社員に対し、お客さま本位の業務運営の実現に向けた取組方針の浸透度・実践度を確認し、内部統制の向上に努めます。

  4. (4) 人事制度の最適化

    当社の現状の人事制度(実績考課・総合考課・インセンティブ・目標設定等)が適正な業務運営に対する動機付けになっているか等、問題点の有無を調査・分析し、対応策を検討のうえ今後の改善に努めます。また第三者によるチェック・評価の活用も検討します。

  5. (5) 専門性の発揮

    社員に対しては、お客さまの期待に応えられる専門家としての能力を身に付けられるよう、各種資格取得奨励制度の活用を推奨して、積極的に有資格者の拡大を図ります。

  6. (6) 研修制度の拡充
    1. ① 社員必修ならびに階層別研修の体系変更を図り、内容と受講機会の拡充およびお客さまの期待に応えられる専門家としての知識・能力等の充実に努めます。
    2. ② 社内研修にて、お客さま本位の業務運営の実現に向けた取組みに係る理解度を促進する研修を新たに追加し、社内への浸透ならびに定着化の促進に努めます。
    3. ③ 営業部店長に対しては、毎月実施しているコンプライアンス研修の中で、お客さま本位の業務運営に関する原則ならびに取組みが浸透するよう啓蒙します。
  7. (7) ガバナンス体制の構築

    お客さま本位の業務運営の実現のための計画・推進・改善等に係るPDCAを運営する主体として、 本部には取締役社長を委員長としたサービス改革推進委員会を、各営業拠点には営業責任者を委員長とするサービス向上委員会を設置し、全社ベースで本取組みを推進します。またコンプライアンス部等によるモニタリングを行い、運営状況の最適化を図ります。

平成29年6月27日